TOP 

> 

文化財 

> 

一覧から探す 

> 

多久聖廟
詳細情報ボタン
多久聖廟
宝永5年(1708年)多久茂文が孔子像を安置し、見る者に敬の心が自然と湧くように創建した孔子廟。現存する聖廟としては足利学校(栃木県)、閑谷学校(岡山県)に次いで古い建物で、数ある聖廟の中で最も壮麗といわれます。建築様式は禅宗様仏堂形式と呼ばれる我が国の代表的な建築様式で、廟の内外に施された彫刻や文様で中国的な雰囲気を醸します。大正10年(1921年)にまず聖廟と境内が国史跡に指定され、その後昭和8年(1933年)に多久聖廟が国宝に指定、昭和25年(1950年)に国の重要文化財に指定されました。