TOP 

> 

多久聖廟周辺案内 

> 

地図から探す 

> 

河浪自安の墓
詳細情報ボタン
河浪自安の墓
場所:多久市多久町 説明:河浪道忠(自安 1635-1719)は佐賀郡八戸村に生まれ、江戸で医学・儒学を学びました。多久茂矩(しげのり)、茂文に仕え、邑校「東原庠舎」の初代教授として子弟教育に尽力しました。東原庠舎の前身は聖光寺付近にあった自安の私邸で始めた私塾でした。昭和52年墓の改装中に自安の略歴・功績を漢文で刻んだ墓誌がみつかり、墓誌は昭和53年(1978年)に多久市重要文化財に指定されました。