TOP 

> 

多久聖廟周辺案内 

> 

地図から探す 

> 

宇野精一氏の論語句碑
詳細情報ボタン
宇野精一氏の論語句碑
宇野精一氏(1910-2008)は東大名誉教授で儒教思想を中心とする中国古典学が専門。また国語学者、世界的大漢学者として知られます。碑には自筆の論語句が刻まれます(出典は「述而第七」)。また氏の多久聖廟参詣が縁で贈られた自筆の四字書「歳寒後彫」は、宿泊研修施設東原庠舎研修室に掲げられています。