TOP 

> 

多久聖廟周辺案内 

> 

地図から探す 

> 

学問の木 楷樹
詳細情報ボタン
学問の木 楷樹
ウルシ科の落葉高木。楷、楷儒、黄連木、孔子木などと呼ばれます。孔子の死後、弟子の子貢は6年間喪に服した後、楷の木で作った喪杖を孔子の墓前に差し別れに涙したといいます。涙で楷の木が芽をふき大樹になったと伝えられ、以降孔子の教えを受け継ぐ人は孔子の墓前に楷樹を植えるようになったそうです。