TOP 

> 

多久聖廟周辺案内 

> 

地図から探す 

> 

草場佩川(はいせん)漢詩碑
詳細情報ボタン
草場佩川(はいせん)漢詩碑
草場佩川(はいせん)(1787-1867)は多久に生まれ幕末肥前随一の儒学者といわれました。名を韡、通称は瑳助、号を佩川といいました。東原庠舎、弘道館(佐賀藩校)で学び、のちに江戸で古賀精里に入門。帰郷後は東原庠舎、藩校の国学教授となり多くの人材を育てました。学問だけでなく槍剣術、雅楽にも通じましたが、特に漢詩、書画に優れ多くの作品、著作があり、生涯の作品は二万点にもおよぶといわれます。