TOP 

> 

観る 

> 

一覧から探す 

> 

東原庠舎(とうげんしょうしゃ)旧跡記念碑
詳細情報ボタン
東原庠舎(とうげんしょうしゃ)旧跡記念碑
多久聖廟参道入り口の広場は、邑(ゆう)校東原庠舎(とうげんしょうしゃ)があった場所です。庠舎とは小さな学校という意味。別名鶴山(かくざん)書院ともいいます。旧跡碑に使用された石柱は、もとは明治に倒壊した仰高門(ぎょうこうもん)に代わり置かれた多久聖廟の石門で、佩川(はいせん)先生誕生地碑の石柱と対であったといいます。銘は高取伊好の筆です。仰高門は明治の改修で復元されました。