TOP 

> 

西渓公園周辺案内 

> 

地図から探す 

> 

西渓高取翁之壽像(高取伊好碑)
詳細情報ボタン
西渓高取翁之壽像(高取伊好碑)
高取伊好(1850-1927)は多久に生まれ東原庠舎に学び、実業家として高取鉱業(のちの杵島炭鉱)を運営し産業から近代日本の発展に貢献した多久の先覚者の一人です。郷里多久村に公園・図書館・公会堂などを寄付しました。大正9年に建立された当初の立像は戦時中の金属供出で消失、戦後胸像が設置されていましたが、平成23年に60数年ぶりに立像として復元されました。