TOP 

> 

文化財 

> 

一覧から探す 

> 

茶園原遺跡
詳細情報ボタン
茶園原遺跡
鬼ノ鼻山北麓地一帯に産出する安山岩は、讃岐岩(サヌカイト)と同質のサヌキトイドで、旧石器・縄文時代には当時の利器である石器の材料として用いられました。山中は広範囲に原石の散布と石器工房跡の点在がみられ、多久石器原産地遺跡群として知られます。茶園原遺跡は石器の埋蔵量から地域内の主要遺跡として考えられ、三年山遺跡とともに全国的にも有名な遺跡です。