TOP 

> 

文化財 

> 

一覧から探す 

> 

三年山遺跡
詳細情報ボタン
三年山遺跡
鬼ノ鼻山北麓地一帯に産出する安山岩サヌキトイドは、割ると割れ口が鋭くなる(貝殻状断口)性質があります。旧石器・縄文時代には当時の利器である石器の材料として用いられました。地元ではカンカン石、カネ石とも呼ばれます。三年山遺跡と茶園原遺跡は昭和35年(1960年)、東京の明治大学が九州で初めて旧石器時代の遺跡として発掘調査をおこなった学史上有名な石器制作工房遺跡です。