TOP 

> 

多久聖廟周辺案内 

> 

地図から探す 

> 

東原庠舎(とうげんしょうしゃ)旧跡記念碑
詳細情報ボタン
東原庠舎(とうげんしょうしゃ)旧跡記念碑
東原庠舎(とうげんしょうしゃ)は、肥前国第四代多久邑主(ゆうしゅ)多久茂文が元禄12年(1699年)、現在の佐賀県多久市に設置した邑校(ゆうこう)です。武士の子弟のみならず、百姓・町人らの子弟にも門戸を開放した点が当時の他藩の藩校と大きく異なるといわれます。別名鶴山(かくざん)書院とも呼ばれます。志田林三郎、草場佩川(はいせん)、草場船山ら多くの多久の先覚者を輩出しました。