TOP 

> 

西渓公園周辺案内 

> 

地図から探す 

> 

若宮八幡宮(多久八幡神社)
詳細情報ボタン
若宮八幡宮(多久八幡神社)
多久の祖、多久太郎宗直が鎌倉の鶴ヶ丘八幡宮の若宮八幡を勧請したものと伝えられます。元亀元年(1570)に梶峰城主となった龍造寺長信が宝殿を再興して以来、後多久家によって維持されました。祭神は応神天皇を主祭神とし、その母神である神功皇后(じんぐうこうごう)、比売大神(ひめおおかみ)、仁徳天皇の四柱(しちゅう)。拝殿奥の神殿は昭和33年(1958年)に県重要文化財に指定されました。境内の三本杉は、八幡社建立時に植えられたと伝えられ県内でも最大級です。