TOP 

> 

人物 

> 

一覧から探す 

> 

志田林三郎
詳細情報ボタン
志田林三郎
志田林三郎(1855-1892)は、多久に生まれた日本初の工学博士です。幼いころから算術などが得意で神童と呼ばれ、邑主(ゆうしゅ)多久茂族(しげつぐ)に認められ東原庠舎で学び勉学をつみました。のちに上京し工部大学校電信科(現東京大学工学部電気系3学科の前身)を第1期生(1879年卒)として首席で卒業、明治13年(1880)には英国スコットランドのグラスゴー大学に留学して物理学、数学等を学び、1年の留学期間にクレランド金賞をはじめ4 つもの賞を受賞しました。帰国後は、電気工学の普及、発展を進めるため明治21年(1888)に電気学会を創設するなど多くの功績をのこしました。