TOP 

> 

食べる 

> 

一覧から探す 

> 

女山大根
詳細情報ボタン
女山大根
 「女山大根」は、江戸時代から西多久の女山峠周辺で栽培されてきた赤首の大根です。やや強い甘みと適度な辛味があり、酢の物やサラダにおいしく、煮込んでも崩れにくいのが特徴です。また、非常に大きく、「牛に大根4本を背負わせて殿様に献上した。」との逸話(大きいものは10キログラム以上!)や、多久の賢人の読んだ詩歌も残っています。